【DIY】シリコンシーラントを使ってみよう!

はい!こんにちは!

今回のテーマは

『シリコンシーラントを使ってみよう!』

です。

シリコンシーラントとは

シリコンシーラントって聞いたことありますか?

シーリング材とも呼ばれています。

ホームセンターでよく見かけるこれ↓

つい最近まで私もなんじゃこりゃ?と思っていました。

実はこれ、お風呂や台所、水回り関係に使用されている補修材です。

シーリング材とは詰めて防水する物の事を指します。コーキング材とも呼ばれることがありますが、コーキング材は詰める物のことを指します。

構造は簡単で底を押すと中身が出てくるようになっています。

といってもこれ単品ではなかなか使うのに骨が折れます。専用の道具と合わせて使うんですね!っということで今回はこの『シリコンシーラントの使い方』を説明させて頂こうと思います。またまた便利な100円グッズ出るよ(笑)

用意する物

  • マスキングテープ (100均で買えます)
  • ヘラ (100均で買えます)
  • シリコンシーラント
  • コーキングガン↓

使い方

補修部分を掃除する。

古いシーリング材を剥がします。手では中々剝がれないのでカッターやスクレパーを使用すると綺麗に剝がれます。その後周辺もきれいに清掃して、水気や汚れを拭き取ります。

※カッター等、刃物を使うときは怪我に十分気を付けましょう!

マスキングテープを張る

シーラントの幅を決めてマスキングテープを張っていきます。

なるべく途中で切らずに1枚でビーっと張った方が剥がす時楽ですし、仕上がりもきれいになります。

隙間の間隔、大事です!等間隔になるように神経集中して張っていきましょう!指先の不器用な私には結構きつかった…。

シーラントをコーキングガンにセットする

  1. コーキングガンにセットするこのような感じになります。
  2. シーラントの先端をハサミなどで切り落とす

シーラントを注入していく

コーキングガンのハンドルを握るとぶにゅっと出てきますのでシーラントを押し込むイメージで塗っていきます。

ヘラで余分な部分を取る

ここで登場するのがこれです、100均のヘラ(3枚セット)!私これ買うまでは先の尖ったスプーン使ってました(笑)いやーなかなか代用しようと思ってもいい物見つからなかったんですよ。100均で見つけた時は嬉しくて!探せば何でもあるね!ダ〇ソーさん!

で、本題に戻りますが、一応この作業、見た目を左右する『仕上げ』なんですよ。

気を付けるポイントとしては『余分な部分を取る』って書いてありますが、やってみるとわかるんですけど、結構ごっそり取れます(半分以上は取れるかも。。。)なのでこの作業中にあちこちくっつけてしまう場合があるんです。

処理の仕方は人それぞれだと思いますが、私の場合は布でヘラのシーラント取ってたら、手やら周りやらがぐちょぐちょになったんで、それからは適当なカップにサランラップを敷いてなびってました!人間って学習するもんですね。。。

マスキングテープを剝がす

乾く前に!です。重要です!乾いてしまったらゴムのようにブニブニして剥がせなくなります。

剥がす時に気を付ける点は、

  1. 引っ張り気味でゆっくり剥がす。
  2. 剥がしたマスキングテープはベッタベタ!割りばしなどに巻き付けて取っていくと初心者でも手を汚しません。

後は乾けば完成です!

乾燥時間は1日みておけば表面は十分に乾きます。ですのでお風呂などの補修は家族全員が使用し終わった後などがおススメです。

保存方法

正直どのような保存方法が正しいのが分かりません。

シリコンシーラントは空気に触れ、乾燥すると硬化してきます。

なので私は、先端の切った部分にネジを締め込んでいます。次に使用する時に結構便利なんです!ネジを回して外せば普通にまた使用できます。

スポンサーリンク

☆あす楽対応☆コニシ ボンド シリコンコーク 防カビ剤入り 330ml ホワイト #59078

価格:349円
(2018/3/25 22:02時点)
感想(0件)


まとめ

お疲れさまでした!いかがでしたでしょうか?

家のメンテナンスも定期的にやってあげると家が長持ちします。

特に水回りは、水漏れなどを起こしていると腐食や最悪電気系のショートの原因となります。結構簡単に安値で出来るのでこの機会に是非挑戦してみて下さい。


最後まで読んで頂き感謝!

また次の記事で。。。

最新情報をチェックしよう!