【庭造り】防草対策を比較してみよう!【メリットデメリット】

はい!こんにちは!

今回のテーマは『防草対策比較』です。

以前の記事でも紹介している『防草シート』は定番ですが、それに合わせて『砂利、ウッドチップ、固まる砂』等を使用した時の使用感、メリット、デメリットなどを紹介したいと思います。

関連記事 防草シートを敷いてみよう
DIYer

????????? ??????? ?? 1 ?????????????1.1 ??????????1.2 ??????…


防草シートのみ


メリット

  • 施行が簡単なのがとても魅力です。
  • そして1m当たりの価格が他の方法に比べて安い
  • さほど体力も使わずに敷くことが出来ます。
  • 剥がそうと思ったときにすぐに剥がせるというのも評価が高い点です。

デメリット

  • 経年劣化する。紫外線や人の踏み歩き、雨風などによって徐々に劣化していきます。
  • 見た目が寂しい。

使用感

やはりデメリットを考慮してもメリットが上回るのではないでしょうか?

コンクリート敷きなどほかの方法に比べて安く、自分で簡単に敷くことが出来て、しばらくの間はメンテナンスがいらないことを考えると敷く価値は十分にありますよね。

草むしり、草刈り、除草剤を撒くといった手間を考えるとやらないより、絶対やったほうがいいです。

スポンサーリンク

nouオリジナル 国産防草シート 100cm×100m 遮光性が高いので、防草効果抜群。(防草シート 雑草防止シート 除草シート 庭 黒 雑草対策 農業資材 ガーデニング 家庭菜園 ハウス 下草防止 雑草シート 水耕栽培 園芸用品 園芸資材 芝生 花壇 カット シート 除草 防草)

価格:8,531円
(2018/3/25 22:08時点)
感想(481件)


防草シート+砂利

メリット

  • 防草シートが風になびかない
  • 砂利が沈まない
  • 砂利により庭に色を付けられる
  • 少し労力は使うが砂利は敷直しがきく

デメリット

  • 意外とお金が掛かる
  • 防草シートを敷く前の草の処理をきちんとしていないと、草が生えてきた時の草むしりが大変
  • 砂利の間に砂が溜まってくる。

使用感

防草シート+〇〇の対策で一番簡単なのが砂利です。実際、玉砂利等をシートの上に敷いてみるととても綺麗に見えます

しかし、2~3年位経つと下から草が出てきたりすることがあります。そのような場合に、簡単にとはいきませんがどかしたいときに移動できるのは砂利のメリットです。

風等で砂が運ばれてきて砂利の下に溜まるので綺麗な景観を維持するのであれば、適度なメンテナンスをしたほうがいいでしょう。

通常、土の上にそのまま砂利を敷くと雨や人の踏み歩き等で砂利が沈み、下の土が出てきます。そこに花の胞子などが付き芽を出します。砂利を敷いてみたけど1年も経たないうちに草だらけに…なんて話もよく聞きます。

『庭に砂利を敷きたいな』とお考えの方は防草シートを敷いてからの砂利敷きをおススメします。

スポンサーリンク

砂利 白 防犯 防犯防草のジャリ 60L送料無料 ホワイト ブラウンミックス 3色ミックス 砂利 大量 防犯 防草 防草効果 防犯対策 雑草対策 ジャリ 防草ジャリ 防犯ジャリ 音 防犯用品 鉢底石 ガーデニング ガーデン 庭 アイリスオーヤマ

価格:2,620円
(2018/3/25 22:10時点)
感想(101件)


防草シート+バーグチップ(ウッドチップ)


メリット

  • 軽いので取り扱いが楽
  • 見た目がお洒落
  • 急激な湿度変化から植物を守れる

デメリット

  • 人の歩く場所には向かない
  • 虫が下にこもりやすい

使用感

バーグチップ(ウッドチップ)は日当たりの良い場所や、樹木を植えてある花壇等に使うのが良いといえるでしょう。

バーグチップ(ウッドチップ)を敷くと保湿効果が上がり、木の根などを痛めにくくしてくれます。メリット、デメリットからも分かるように木を植えてある花壇などに敷くのが最適といえます。泥跳ねなども防いでくれることから樹木の水やり時も心配がありません

防草効果もあり、バーグチップ(ウッドチップ)を敷くことにより防草シートの遮光効果をより高めてくれます

保湿効果から乾きにくいのが特徴ともいえますので、やはり虫の好む環境なのは間違いないでしょう。

ただ撒くだけ、敷くだけでお洒落になるので取り入れる価値は十分にあります。

スポンサーリンク

【お徳用】バークチップMサイズ・5~8cm前後・50リットル入り【合計敷き詰め面積:145cm×145cm程度】(バーク/木のくず/ウッドチップ/バークチップス/インテリアバーク/マルチング材)

価格:6,804円
(2018/3/25 22:13時点)
感想(0件)


固まる砂


メリット

  • 現時点で最強の防草対策と言えます。
  • 固まる砂を撒いて水を掛けるだけの簡単施工
  • 落ち葉、砂などの汚れが掃除しやすい

デメリット

  • 基本的に強度は弱い。(現在は超固まる砂等が販売されていて改善傾向)
  • やり直しが利きにくい
  • やり方により仕上がりに差が出る

使用感

この方法に関しては下に防草シートを敷かなくても単品で十分に効果があります

ただし砂を撒いて水を掛けるだけの簡単施行といえどもやはりコツがあります。水の掛け具合で仕上がり感に差が出ること、またほとんどの製品で小さい砂利が混ざっているので水を掛けたまま固まると、砂利だけが浮き上がって見えてしまいキレイに見えません。

私個人の方法としては水を掛ける前にコテなどで表面を均し、水を掛けた後に軍手をした手で表面を軽く叩くことで、ある程度はきれいに仕上がりました。

仕上がり的には強度の弱いコンクリートのような物なのでやり直しが利きにくいので考えて使用しましょう。

スポンサーリンク

永土 ◆◆1000円お得な週末限定セール◆◆気になる箇所に敷き詰めて水をかけるだけ!雑草を防ぐ土『永土』(エード)(5kg×5袋)【送料無料】【あす楽】【固まる砂 防草砂 防草土 雑草防止 雑草対策】

価格:5,400円
(2018/3/25 22:13時点)
感想(27件)


まとめ

いかがでしたでしょうか?

私も自分で庭造りをしていて『砂利を使いたい』『バーグチップを使いたい』『固まる砂を使いたい』と色々考えますが、それぞれのメリット、デメリットを知っておくと適した場所適さない場所が見えてきたんではないでしょうか?

参考にして頂いて、是非満足のいく庭造りを!

今回の記事はここまでになります。

最後まで読んで頂いて感謝!

また次の記事で。。。

最新情報をチェックしよう!