スマホで写真を綺麗に撮る方法

はい!こんにちは!

今回のテーマはスマホで写真を綺麗に撮る方法です。

ブログ用の写真を自分で撮りたいんですけど綺麗に撮れないんです!

っという事で綺麗に撮る為、色々調べて勉強してみようかと思います。

カメラを買った方がいいのは分かります。

そこまでブログで稼ぎがないんですよ。。。でもほら、このブログって説明系の記事多いですよね?画像が無いと分かりずらいでしょ?

拾った画像もいいんですけど、自分で撮りたいんです!

という事で、本編へ行ってみましょう。

スマホで写真を撮るなら

画素数の基準は?

写真の画質にこだわりたい方は、最低でも2000万画素以上のカメラを搭載したスマホを選ぶと良いでしょう。

昼間(明るいところ)の撮影ではほぼ影響はないのですが、夜景など(暗いところ)の撮影では、はっきりと差が出てしまいます。

また、ブログなどで拡大して使用する時は、画素数が低い物はやはりノイジーになってしまいます。

画素数が高いスマホ

Xperia(docomo)2,300万画素

arrows(docomo)2,300万画素

AQUOS(au)2,260万画素

機種が同じでも取り扱いメーカーによって画素数違うとか初めて知りました。。。

調べてみるものですね。

因みに気になっている方もいらっしゃるかと思うので…

iPhone71,200万画素

となっています。

SIMフリースマホではカメラが高性能(2000万画素以上)の物が多くあったのですが、今回は説明しません。

さあ、カメラの性能は大体分かりました。

次に気になるのは

撮影時の構図

です。

実際に被写体をどこの位置で撮影するとお洒落に見えるのか分かりません。

そこで調べてみた結果…

スマホの写真撮影の時、グリッド線に被写体を合わせて撮影するとうまく撮れる!みたい。

この縦横に2本ずつある薄い線がグリッド線です。

こりゃ実際に撮ってみんと分からん。。。

っという事で撮影会開始♪

まず何も気にせず1枚パシャ!

笑うしかないですね(笑)お洒落?なにそれおいしいの?って感じです。

ではグリッド線を意識して、2枚ほど。。。

 

 

 

うーん、構図としては分かる。

高さを見せたい時は縦で撮影、広さを見せたい時は横で撮影する。

ですが何かが決定的に足りない!!!

っという事でちょっと脱線して

アプリで加工

してみました。

『Rookie Cam』というアプリなんですが、女子向けだけど色々な機能が付いているので結構弄りがいがあります。

嫌いじゃないけど、私が望んでいるのはこういう感じではない!

写真1枚でお洒落に見せたいんです。

次に綺麗に撮影するポイントは何なのか?

調べてみると…

背景

が、大切なようですね。

周りを片付けたり、余計なものが映り込まないようにするのは、主役を引き立たせるのに気を付けたほうがいい点。

後は、

光の角度

を意識して撮影する。

調査の結果、半逆光(斜め前からの光)がよろしいようで、それを踏まえてラスト1枚に挑戦です。

パシャ!

………

っと思ったんですけど、なかなかうまく撮れないのでやめました。本当にごめんなさい。撮影って難しい。

まとめ

撮影のポイントとしては、

  • 被写体をグリッド線に重ねて撮る。
  • 被写体を際立たせたい時は背景を片付ける。
  • 光の角度は半逆光を意識して。

そして、『困った時はアプリに頼れ』です(笑)

色々使って、調べてみて、行き着いた答えは結局、スマホの画像はいじってなんぼです。

どう頑張っても一眼レフのような味がある写真は撮影出来ませんでした。

インスタなどをやっている人はここら辺はプロ並みなのでしょうね。。。

写真初心者の方でここまで読んで下さった方は私と一緒に頑張りましょう(笑)

いつか自分のブログで自分で撮ったお洒落な写真を使うぞ!!!


今回の記事はここまでになります。

最後まで読んで頂き感謝!

また次の記事で。。。

 

最新情報をチェックしよう!