【電動工具】電気ドライバーの種類と仕組み

はい!こんにちは!

今回のテーマは『電気ドライバーの種類と仕組み』です。

DIYをやっていると必ずと言っていいほど活躍してくれる『電気ドライバー』。DIYをしない方でも一家に一台は欲しいですよね!

初めて購入を考えている方にとっては、色々な種類があって名前が違うんだけど、どんな仕組みなの?何が違うの?と思っている方も多いはず。

電気ドライバーの種類をざっくり分けると

  • 電動ドリルドライバー
  • インパクトドライバー
  • トルクドライバー

があります。

聞いただけで分かったあなた!別の記事を是非(笑)

分からなかった方は私とともに下へ進んでいきましょう!

電気ドライバーの種類と仕組み

電動ドリルドライバーの仕組み

先端(ビット)が交換可能。

電気で先端(ビット)を回転させてネジを締めたり緩めたり、又は使用するビットを交換して穴あけなどの作業が出来る

現在、ホームセンターで色々な種類のビットが販売されており、先端のビットを交換するだけでネジ締め、穴あけ以外にも、削りや磨き等、色々な作業に使用することが出来ます。

家具の下穴をあけてからの組み立て作業など、初めての方が扱うには電動ドライバーはおすすめです。

スポンサーリンク

【リョービ 電動工具 電動ドライバー DIY】電気ドリルドライバー CDD-1020 CDD1020【電気ドライバードリル/電動工具/DIY】【D】

価格:7,990円
(2018/3/25 21:49時点)
感想(0件)


インパクトドライバーの仕組み

回転方向に衝撃を与えてきつく締めていくドライバー

柔らかい木材等には木材が割れてしまうため不向きです。

使いどころとしてはウッドデッキ等、木材用のネジ(コーススレッド)を締め付けるのには、電動ドライバーよりこちらのインパクトドライバーの方がパワーがあるので向いています。

スポンサーリンク

【マキタ】充電インパクトドライバ 電動インパクトドライバー コードレス【MTD001DSX 14.4V バッテリ2本付】

価格:15,800円
(2018/3/25 21:52時点)
感想(2件)


トルクドライバーの仕組み

クラッチが内臓されており、一定のトルクまで締め付けるとクラッチが外れ動力が伝わらなくなります。

簡単に言うと、ある程度まで締め付けたらそれ以上締まらないように空回りしてくれます。

説明からもわかるように、初めての方でもネジ締めで大きな失敗しをにくい構造になっています

その代わり、あまり固い物にネジを打とうとするとクラッチが外れてしまうのでパワー不足は否めません。

スポンサーリンク

MATATAKITOYO トルクドライバーMTD-1408N 1個

価格:12,852円
(2018/3/25 21:56時点)
感想(0件)


まとめ

初めての方が使うには電動ドリルドライバーがおススメ!

現在ほとんどの物にトルク調整機能が付いていますので、トルクドライバーと同じ使い方が可能です。

先端交換が出来るので、1台で何役もの仕事をこなしてくれるため、取り敢えずこれ1台持っておけば何にでも使えてしまうので、経済的にも優しい。

 

本格的にウッドデッキを作りたい!ガレージを自分で建てたい!等、長い木ネジを使う、がっちり締め付ける必要がある、という方は、是非インパクトドライバーを1台買っておきましょう。

ホームセンターなどで試しに使ってみると分かります。パワーがドリルドライバーのそれとは全然違います。

おまけ

その他の構造として充電池式、コード式があります

一般的に同じ性能の物で比べると、コード式の方が安いです。

電源が取れない場所で作業することがないなら、コード式の方をおススメします。

が、充電式(コードレス)の方がかっこいいよねー。(おっと本音が。。。)


今回の記事はここまでになります。

最後まで読んで頂き感謝!

また次の記事で。。。

最新情報をチェックしよう!